ヘリコバクター・ピロリ菌について

ピロリ菌について

 ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)は、その動く形から螺旋の意味であるヘリコプターの、”ヘリコ”と、最初に菌が発見された、胃の出口近くの場所の名前である、”ピロルス”および細菌の意味の、”バクター”より命名された細菌で1983年に発見されました。近年、胃潰瘍の原因の一つとして注目されています。

何が問題となるのですか?

 ピロリ菌が問題となっている点は”再発性・難治性”胃・十二指腸潰瘍 や胃のリンパ腫という病気の多くから、ピロリ菌が見つけられている点であり、この様な病気の一因とされています。また、胃潰瘍や胃炎を繰り返すことで粘膜が萎縮することが、”胃癌”の原因の一つとも考えられています。しかし40代以降の日本人の7割から8割は、ピロリ菌に感染していると考えられており、ピロリ菌感染の全てが問題となる訳ではありません。時代の流れとしては、何か胃の問題があって、かつピロリ菌が見つけられた方に対しては、菌を殺菌することが望ましいとされています。

どのような検査が必要ですか?

 菌がいるかどうかを見つける方法には、血液や尿で見る『抗体法』 や、息を吐いてその成分から推測する方法(尿素呼気試験)など、様々な方法があります。また、確実な方法として、胃の内視鏡検査で、組織にいる菌を直接見つけだす方法(鏡検法など)があります。

菌を取り除く方法は?

 ピロリ菌の除菌方法としては、基本的には1週間程度、胃酸を抑える薬と抗生物質を服用することとなります。薬の種類にはいくつかの組み合わせの方法があり、効果に関しても様々な報告がされています。どの方法を用いても、およそ90%の除菌効果 を認め、一度除菌されると、多くの方で潰瘍の再発はなくなり、慢性的に繰り返した症状に対して、持続的な軽快を得られています。

除菌療法の副作用はどのようなものですか!?

 除菌療法の主な副作用は、”下痢””味覚異常”で、下痢や軟便を合わせて約2割、味覚がおかしいと感じられる方が約4%ほど、と言われています。また、抗生物質を用いるため、ペニシリンのアレルギーを持っている方は服用することが出来ず、アレルギーについて不明の方は、事前に簡単な方法で検査することも可能です。

費用はどの位かかりますか?

 以前であれば、健康保険の適応がないことで全額自費負担となり、数万円以上の費用が必要だった除菌治療も、現在では胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの、”治療適応のある方”に対しては、健康保険が適応されるようになりました。平成14年の12月からは、必要な薬が一式1週間分セットになった便利な除菌セットも処方できるようになり、薬剤の自己負担 は、医療保険の3割負担の場合でトータル2千円未満 の負担で済むようになりました。ただし、すべての潰瘍や、ピロリ菌の陽性の方に除菌がすべて最適な治療であるとは限らず、除菌をすることによって、かえって胃が元気となり、胃酸の分泌が活発となり、胸灼けなどの症状が出る方が1~2割には存在されます。胃の症状でお悩みの方は、医師に相談をしてみてください。

HOME

かかりつけクリニック

Copyright &copy 2003-2010 Ichiro Usui. All rights reserved.