熱中症について

熱中症とはどのようなものですか?

 ”熱中症”とは、高温の環境の中に長時間居ることで、体温の調節や、血液循環の働きが障害を起こすことであり、熱中症と言えば、熱射病がすぐに頭に浮かびますが、細かく分けると種類としては、1)熱射病2)熱けいれん3)熱虚脱4)熱疲へい(夏バテ)、などの種類が存在します。この中でも最も重要で、注意をしなければいけないのが、熱射病 です。熱射病は、熱中症の中では最も重篤なもので、場合によっては死に至ることもあり、緊急の治療を必要とします。症状の特徴としては、高温の環境下に一定時間以上居ることにより、頭痛やめまい、吐き気などを起こすものであり、ひどい場合には突然の意識消失を起こす場合があり、この様な場合には緊急の治療が必要 となります。
  ”熱けいれん”は、多量の発汗により塩分を多量に失うことに対して、水などの補給だけで、充分な塩分を補給しなかった場合に筋肉の痙攣を起こすもので、”熱虚脱”は、高温状態により心臓循環機能が過度に働き、だるさや目眩、脱力を起こすもので、”熱ひはい”は、大量の発汗による血液の濃縮により、激しい喉の乾きや、尿量の減少や感覚の障害や歩行障害が認められるものです。

どのような点に注意すれなよいのですか?

 熱中症は、まずは何よりも熱中症にならないことが大切 です。高温の環境に長く居る場合には、必ず、”予防”を頭の中に入れておくことが重要です。予防に関して大切なことは、1)環境の整備2)自身の体調の把握、が何よりも大切です。1)環境の整備 に関して重要な条件を箇条書きにすると、 直射日光を避け、通風を良くすること、 日陰などの休憩場所を必ず用意しておくこと。 すぐに水分補給が出来るように、必ず準備をしておくこと。 必ず、一定時間に1回の休憩時間を設けること。 通気性、吸湿性の良い服装や、帽子の着用を心掛けること。2)自身の体調の把握 に関しては、 定期健康診断などをきちんと受けることにより、自身の体をきちんと把握しておくこと、 無理を感じたら、必ず自分から回復するまで休憩や水分を取ること、などが大切です。また、職場などの管理責任のある方の場合は、頻回の現場の巡視の励行などにより、顔色の悪い方などを見のがさず、大事に至る前に対処を行うことが大切であると考えられます。

熱中症の場合はどう対処すれば良いのですか?

熱中症になってしまった場合は、その本人よりも、周りにいる人の迅速な対応 が何よりも重要です。 処置の基本としては、以下の3点が重要です。1)涼しい場所で安静にする2)水分の補給を行う3)体温を積極的に下げる努力を行う、です。この際に注意すべき、細かい、”コツ”としては、 水分の補給をする際には、意識の障害がある場合(もうろうとしている場合など)には、無理に飲ませると、気管支の方に入ってしまい、老人や子供では窒息を起こす場合もある為に、充分な注意が必要です。補給する水分としては、理想的にはスポーツドリンクの樣な、電解質の入ったものが望ましく、塩分の補給も重要です。また、 体温を下げる為には、”気化熱”という、水が蒸発する際に体から奪う熱 が何よりも重要です。その為に、もしガーゼやハンカチなどがある場合には、なるべく裸に近い状態にさせて、それらに水分を含ませて体に貼り付けた状態で、うちわや扇風機などで風をあてて、気化熱を体から奪って体温を低下させることです。また、その際にアルコール飲料があれば、水の代わりに使うことも(絶対に飲ませてはいけません!)、気化熱を有効的に発生させる為には非常に有効で、覚えておくと便利です。 また、これは勘違いされやすいことですが、おでこなどを冷やしても、著明な効果はありません。体全体の温度を下げる為には血液の温度を下げてあげることが重要で、効果的な方法としては、腋の下や、首すじ、股のつけ根などの、血管の拍動の触れる場所 に、冷たく冷えた缶ジュースなどを挟むことも非常に効果的なので覚えておくと便利です。

 また、大切なことの一つとして、職場などで熱中症を起こした時には、点滴などの緊急の治療を行える、かかりつけの医師や、医療機関が近所にあるかどうかを把握しておき、いつでも連絡が取れる体勢を整えておくことも重要です。早期の治療を怠って我慢をすると、後になって意識障害で倒れたり、重篤な事態を引き起こすことにも成りかねませんので、体調の異常を感じたら、躊躇わずに、医療機関を受診することをお勧めします。 まず第一に、何よりも熱中症にならないこと に注意をして、暑い夏を乗り切りましょう!!。

HOME

かかりつけクリニック

Copyright &copy 2003-2010 Ichiro Usui. All rights reserved.